ツクルト忍者 直線切りが得意な「キルト」
ツクルト忍者 波切りが得意な「ナミート」
ツクルト忍者 くり抜きが得意な「ヌキット」

レベル

ふつう

パーティーにぴったりの
手作りお祝いピニャータ

「ピニャータ」はメキシコのお祝いに欠かせない「くす玉」のようなもの。子どもたちがピニャータをたたいて開けて、おかしをゲットします。卒園・入学のお祝いや誕生日パーティーなど、みんなが集まるイベントの日には、手作りのピニャータで盛り上がりませんか?

  • #あるもの工作
  • #イベント
  • #お祝い
  • #ダンボール
  • #作って遊ぶ
ダンボールでできた手作りの宝箱ピニャータでパーティーを楽しむ子ども。 ダンボールでできた手作りの宝箱ピニャータをたたいて開けるとお菓子が落ちてきて驚く子ども。

パーティー会場につり下げられた宝箱ピニャータをバンバンたたこう!フタが開いたら…実はモンスターがお菓子を食べていた!?

ダンボールでできた手作りの宝箱ピニャータを開けてホームパーティーを楽しむ子ども。 宝箱ピニャータを開けるおやつパーティーで喜ぶ子ども。

ゲットしたお宝を分け合うのも、楽しみのひとつ。いろんなものを詰め込んで、みんなで仲良く山分けだ!

ダンボールの宝箱を開けると紙吹雪が出てくる、パーティにぴったりのくす玉のようなピニャータ。

お菓子だけでなく、紙ふぶきを詰めればくす玉みたい。パーティーにお祝いに、いろんな手作りピニャータで盛り上がろう!

作ってみよう!

準備するもの

[くつ箱で作る場合]

  • 型紙
  • カッター(万能M厚型など)
  • カッターマット
  • くつ箱(くつのサイズ15cm以上を推奨)
  • ダンボール(厚み3mm推奨)
  • ガムテープ
  • マスキングテープ
  • ボンド
  • 1.5mの長さのひもやリボン
  • はさみ(リミテッドSCなど)
  • ペン(印をつける用)

あると便利なもの

  • 金色のテープ(5cm幅)
  • デコレーション用の絵の具や色紙など

memo

ダンボールは厚み3mm程度がおすすめ。カッターも、小型刃よりもしっかりカットできるM厚型刃以上のものを選ぶと切りやすいよ。

くつ箱で作る場合

ティッシュボックスで作る場合

親子で一緒に!

はじめてのカッター
使い方講座

作り方

空箱を用意する

くつが入っていた箱と、ダンボールを用意します。(くつのサイズは15cm以上、ダンボールの厚さは3mmが目安です)

ダンボールはくつ箱の長辺より大きいものがおすすめです。

フタのパーツ(A)を作る

くつ箱のフタの長辺と、短辺の長さをはかります。

ダンボールで、タテがくつ箱のフタの長辺、ヨコが短辺×2の長さの長方形を作ります。

幅2cm間隔で折り目(=切り込み)を入れていきます。カッターの刃を少しだけ出して、軽く切り込みを入れるときれいに折りやすくなります。

[POINT]
折り目がダンボールの「目」と平行だとなめらかに折りやすいので、なるべく折り目がダンボールの「目」と平行になるように。

折り目に沿ってダンボールを谷折りにして、アーチを作っていきます。

フタのパーツ(B)の型紙を作る

プリントした【型紙A】の余白を山折りにして、型紙の中心線をくつ箱の短辺の中心に合わせます。

くつ箱の短辺の長さより1ライン内側のガイドラインを確認し、はさみで切ります。

フタのパーツ(B)を作る

ダンボールに【型紙A】を2枚分書き写します。

谷折り線(点線)の部分は型紙の外側に印を入れ、印同士をつなぐようにダンボールに線を引きます。

線に沿ってカッターでダンボールを切ります。 一度で切ろうとせず、同じ場所に何度か刃を通して少しずつ切るようにするときれいに切りやすくなります。

折り目にもカッターで切り込みを入れて、谷折りにします。

フタのパーツ(A)と(B)を
組み合わせる

(A)を、(B)の曲線に沿って重ねて、テープで数カ所仮止めします。(マスキングテープが便利です)

パーツ(A)と(B)が接する位置に印をつけます。

先ほどの仮止めを外して、ダンボールを開いて、印をつけた位置から折り目と平行にカッターで切ります。

もう一度テープで仮止めをしながら両側を組み立てた後、内側からガムテープで固定していきます。 ※ひもを1本通すスキマをあけておいてください。

仮止めのテープをはがします。

ひもを通す

組み合わせたフタのパーツ(A)と(B)のスキマから、長さ1.5mのひもを通し、一周させます。 ※最後にテープを貼る場合は、ひもを結ばないでください。

フタをくつ箱に固定する

フタのパーツを、ボンドでくつ箱に貼ります。

※フタが分かれているくつ箱の場合はコチラ(PDF)!

【カギ】【ベロ】【キバ】の
パーツを作る

プリントした【型紙B】全体にのりをつけ、ダンボールに貼ったら、型紙の線に沿って、それぞれダンボールごとカッターで切り抜きます。

【ベロ】カッターで折り目を入れ、山折りにします。

【キバ】カッターで折り目を入れ、山折りにします。

【カギ】【ベロ】【キバ】の
パーツを貼る

【カギ】正面・中央に貼ります。 箱のふちに飾り用のテープを貼る場合は、まだカギをつけないでください。
※飾り用のテープの貼り方は、工程12をチェック!

【ベロ】箱を開けて、フタと本体の境目の中央に貼りつけます。

【キバ】箱を開けて、フタの上側に貼りつけます。フタを閉めやすいように、少し内側につけます。

カギをのしかけ
【部品A】を作る

【部品 AとBとC】の型紙全体にのりをつけ、ダンボールに貼ったら、型紙の線に沿って、それぞれダンボールごとカッターで切り抜きます。

部品Aのパーツを2枚重ねて、ボンドで貼り合わせます。(ダンボールが薄い場合3枚)

ボンドが乾いたら、部品Aの白い面にボンドを塗り、フタの上部・手前の、箱の中心にくるように固定します。

カギのしかけ
【部品BとC】を作る

部品Bのパーツを2枚重ねてボンドで貼り合わせます。(ダンボールが薄い場合3枚)

ボンドが乾いたら、【部品C】に【部品B】面が向き合うように、ボンドで貼り合わせます。

ボンドが乾いたら、フタを開けて本体の手前、内側中央に頭が出る状態でボンドで固定します。

[POINT]
カギを開けるのを難しくしたい場合は、カギパーツを重ね貼りして厚くしてみてください。

★スペシャル感アップ★
宝箱のふちにテープを貼る

フタや箱の、それぞれのふちの長さをはかります。長さに合わせてテープを切り、ふちに貼っていきます。

アーチ部分はテープの幅半分まで貼りつけます。残り半分には、はさみで2cm間隔に切り込みを入れます。真ん中から1枚ずつ折り曲げて貼っていくと、きれいに作りやすくなります。

最後に、工程9で作ったカギを、宝箱の「フタ」の真ん中に貼って完成!

実際にお菓子を入れてみましょう!たくさん入れて重くなりすぎると、箱がすぐに開いてしまうので、ちょうどいい分量に調節してみてください。

完成!

ダンボールで作る宝箱と勇者の剣。

何が入っているかわくわく!
パーティーに大活躍の手作り宝箱。

ティッシュ箱で作るコンパクトな宝箱と海賊の剣。

プチパーティーにはティッシュ箱で
一回り小さなサイズでも。

大人がデコレーションしたダンボールで作る木箱風宝箱ピニャータ。

色を塗って古い木箱風に。
色紙を貼れば、ゲームの宝箱風に!

子どもが自由にデコレーションしたゲームの宝箱風と沈没船の宝箱風ピニャータ。

アイデア次第で、オリジナルの
模様や顔を、貼ったり描いたり。

くつ箱で作る場合

ティッシュボックスで作る場合

もっと!ツクルト!

これも作ってみよう

ダンボールで作る伝説の剣

ピニャータをたたいて開ける、伝説の剣も手作りしてみよう。自分で色をつければ、世界で1つだけ、とっておきの剣が完成だ!

作り方は型紙を見てね!